走ってみてわかったこと

走ってみてわかったこと

ダイエットがきっかけで走りはじめ、フルマラソンや100kmマラソンまで走れるようになった(今は10kmくらいのジョグしかしませんが、、、。)わけだが、走り始めてからわかったことを書いてみる。

スポンサーリンク

走る事は思っていたほどしんどくない

大抵の人々のように「走るってしんどい。」、「走るのが趣味?ようやるわ!」と、走るまでは思っていたが、ジョギングになれてきたら爽快感やいわゆるランニングハイのような気持ち良さを感じるようになった。勿論、記録を狙って速く走るのはしんどいのだが、少しゆっくりと適度なペースで走るのは気持ち良いことだとわかった。

習慣にするには少し我慢が必要

上に走ることは気持ち良いと書いたが、最初から気持ち良いわけではない。成人になってから運動不足な生活を10年以上も続けていたら、体力も脚力も無く、いきなり何キロも走れるはずがない。やはりある程度走れるようになるには、それまで我慢して継続する必要はあると思う。楽器もそうだね。Fコードの壁は我慢して乗り越えるしかないんだよ!

継続は力なりを実感

ありきたりではあるかもしれないが、日々継続することで気がつけば長く速く走れるようになっていく。そのまんまですが、この言葉を実感できます。

ダイエットは結局食事制限

走る事にダイエット効果があることは疑いのない事実ではあるのですが、太る人は元来カロリー過多な食生活に陥りがちなんですね。走れば、その分お腹も空いて食欲旺盛になります。走ったからといって、お腹いっぱい食べたらせっかく走って消費したカロリー分以上食べてしまいます。

以前、バリバリ走っていた頃は月間300~400km以上走っていましたが、最近は月間200km走れば良い方。なんも考えずに食べたり飲んだりすると、簡単に体重アップしてしまいますね。結局のところ、少々運動しても適度な食事量にしなければダイエットできないと悟りました。

午後に睡魔が襲ってくる

私が走る時間は、95%以上早朝です。朝4時台にiPhoneのアラームを鳴らして起きるわけだが、前夜に早く寝てもこの時間に起きるのは難しいものがある。ましてや寝るのが少し遅くなった日は尚更だ。そんな日の午後には、うたた寝したくなる睡魔が襲ってくることがあります。ほんの少し寝てしまった方が効率よく働けそうだが、実際にはそういうわけにいかないのが辛いところですね。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す