携帯大手3社はもっと誠実に仕事をしてほしい

携帯大手3社はもっと誠実に仕事をしてほしい

卒業シーズンだからか、携帯大手3社のMNPでの顧客争奪戦が激化していますね。私は家族4人ともSoftBankのiPhoneを使っています。SoftBankとは最初に携帯を持ったJ-PHONE時代からなので、かれこれ15年来のお付き合いです。

昨日、auショップの前を通りかかったので、参考までにSoftBankからMNP転出してauに乗り換えたら月額料金がいくらになるか聞いてみた。

最大8万円のキャッシュバックを使って本体を購入、毎月割とauスマートバリュー割引を含めて月額費用2413円〜契約出来るとのこと。これ、iPhone 5s 64GBの場合です。

携帯大手3社が既存ユーザーを置き去りにして、行き過ぎたキャッシュバック競争ばかりやっていると、まともに料金を払っているのが馬鹿らしくなりますね。

スポンサーリンク

それでも過去最高の利益

昨年4月から9月の中間決算ですがドコモ超えたソフトバンク、KDDIも過去最高、携帯キャリア3社の中間決算から。

携帯キャリア3社の第2四半期(4~9月)決算が10月末までに発表され、売上高と本業のもうけを示す営業利益ともにソフトバンクが初めてNTTドコモの数字を超えた。KDDI(au)も中間決算では過去最高となる売上と営業利益を達成し、好調ぶりを見せた。一方、ドコモは「堅調な決算」(同社)ながら、数値はほぼ横ばい。売上は減らしたものの、「ツートップ」戦略による端末調達コストの削減などが寄与し、増益は確保した。

SoftBankとauは絶好調、ドコモも堅調に利益を上げておられるようだ。利益を上げられるのは結構なことだと思うが、我々既存ユーザーの利用料の一部がキャッシュバック競争の原資にもなっているわけですな。

キャッシュバックを利用して儲けちゃう人も

行き過ぎたキャッシュバックに目を付け、MNPを利用して稼ぐ人もちゃっかりいるようです。MNP用の端末をMNP弾というようですが、MNP弾を用意してキャッシュバックをもらい解約する。そうすると違約金を払っても利益が出るようですね。私自身はそんなことまでするつもりはありませんが、興味があれば”MNP弾”でググってみてください。

いっそのこと多くのユーザーがMNP弾を使うようになった方が、行き過ぎたキャッシュバックが無くなっていいかもしれないですねw

面白い記事を見つけたのでリンクしておきます。MNP乞食からケータイ成金に身分がアップ

現在、ドコモオンラインショップでiPhone 5cの5万円キャッシュバックキャンペーンを行っている。「MNP弾を3円維持してCBで稼ぐMNP乞食」などの記事を書いていながらこのサイトに表示されたSdsenseの広告で初めて知った。昨年12月から2万円キャッシュバックを行っており、それを2月に入って5万円に増額したとのこと。また、期間は2月16日までだったが、2度の延長で3月16日までとなっている。

ドコモオンラインショップでもキャッシュバックキャンペーンをしているとは恐れ入りました。

携帯3大キャリアに思うこと

私はiPhone5を持っているので、LTE通信の契約に関してです。

キャッシュバックで争うよりもパケット定額料金で競争すれば?

新規やMNP転入ユーザーばかり優遇している現状ではユーザー側も2年ごとにMNPを繰り返した方が有利なのが現状かと思う。

しかし、普通にLTE定額料金を安くすれば新規ユーザーも集まり、既存ユーザーも離れなくなっていいじゃないですか。でもこれをやらないのは現状の高止まりした料金の方が、各社にとって都合がいいからでしょうね。

料金を少なくとも2段階にしてほしい

    • ヘビーユーザー用料金
      SoftBankなら”現状のパケットし放題フラットfor 4G LTE”になります。WebもメールもSNSも動画も、、、いわゆるヘビーユーザー向け料金。
    • ライトユーザー用料金
      SoftBankには”パケットし放題for 4G LTE”という月額2000円からのサービスもあるが、すぐに上限になってしまうので、実質的にはあまり意味が無さそうです。月間データ量を1GBくらいに抑えた安い料金プランも欲しいですね。ユーザーの中にはiPhoneにしたけど、殆どデータ通信を利用していない方もいるでしょうからね。

私の選択肢

私のiPhoneは現在1年4ヶ月くらい使っています。今年の11月になれば2年経つので、そのタイミングで新しいiPhone(iPhone6?)に切り替える予定です。

今のままSoftBankで

おそらくこの可能性が一番高いです。その頃に正常な価格競争になっていれば、より可能性は高いでしょう。

auかdocomoへの転出

転出するとすれば、auなのだがキャリアメールが変更になるのが面倒ではある。私だけならいいが、auに転出するなら家族ごとでないとメリットが少ないので、このキャリアメール変更が転出への障壁になるであろう。

MVNOへ転出

MVNOとは仮想移動体通信事業者 – Wikipediaから

携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと。

上に書いた”携帯3大キャリアに思うこと”の内容を満たした事業者ですね。MVNOを選んだ場合、家族ごと転出せずに私だけになります。SIMフリーiPhoneを購入してMVNO事業者にMNP転出します。現状では下記2社が候補になります。

ちなみにSIMフリーiPhoneを大手キャリアで使う場合でも、MNP転出してSIMロックのかかったiPhoneからSIMを抜いてSIMフリーiPhoneに挿して使った方が月々の料金が安くなるわけなんだな。こんなことになるのは日本くらいではないのでしょうか?やはり端末代金と通信料金は切り分けるべきだと思います。



ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す