固定電話が不要になる日が近づいてきた

固定電話が不要になる日が近づいてきた

携帯大手3社が通話料定額制のプランをはじめましたね。auは来月からですけど。

スポンサーリンク

各社通話&データ通信定額プランへのリンク

ネーミングで一番わかりにくいのがau。「デジラ」って何やねん!パッと見たら”デジヲ”かと思った。docomoの「パケあえる」もイマイチしっくりこない。まぁ、一番まともなのはSoftBankの「スマ放題」かと私は思います。

会社の携帯を通話定額制にしたら

会社ではSoftBankの携帯を使っているが、これを「スマ放題」にしようかと検討中である。おそらくは来月からプラン変更する可能性が大きいです。料金は少し高くなるが、通話料金を気にする必要がなくなるので、国内通話は全て携帯から発信できるようになる。

相手からかかってくる電話は、これからも暫くは会社の固定電話にかかってくるだろうが、相手も通話定額制になってきたら、直接携帯電話にかかってくる頻度が高くなるであろう。

そうなると、いわゆる電話番というのが必要無くなってきますね。便利にはなるが、少々寂しさも感じます。私なんかの年代ではその昔、友人やら彼女やらの家に電話をし、電話に出た家族の方に取り次いで貰うのに緊張したものです。(特に親父が電話を取ったときは尚更ですな!)今の若者は直接携帯に電話出来るからあの緊張感を味わうことは少ないだろう。

仕事の電話では、そういった緊張感を感じることはないだろうが、取り次いで貰った場合は不在ならあきらめがついたり、こちらがミスをした時にかける電話では、不在だとわかって少しホッとしたりすることもありますね。携帯に電話して出なかったら「何してんねん!」となったり、プライベートな時間にかかってきたりすると、一段と縛られている感覚が強くなってしまうかもしれません。

携帯電話もインターネットも無い時代は、出張に行ったらその仕事だけ考えていれば良かったけど、今はメールや携帯で簡単に連絡が取れてしまうので負担が増えっぱなしです。どこかでゆっくり出来る時間をつくっておかねば!

一言多いことを書くが、パソコンも携帯もまともに使えず、未だに昭和な仕事っぷりで肩書きだけは高い人々がまだまだ大勢いることが笑える世の中でもあり、平和な日本である。真の実力主義になればこういった人々は駆逐されるのだろうか?まだまだこういった方々がルールを決める権限を持っているからあと10年くらいは無理かもね。

一方でライトユーザー向けの料金プランも欲しい

仕事で使う携帯はいくら使っても定額で収まるプランが出来るのはありがたいが、プライベートで使う携帯(iPhone)はそんなに使わない。通話料はホワイトプランで十分だし、データ通信も毎月1GB以下である。妻もiPhoneを使っているが、妻のデータ通信量は1ヶ月あたり0.03GBくらいであったりする。

大してデータ通信を使っていないが、皆スマホを使っているから何となくスマートフォンに変えてみた。って人も大勢いると思うし、私なんかはWi-Fi環境がある場所で使っていることが圧倒的に多いので、1ヶ月あたりのデータ通信量が1GBを超える事すら殆ど無い。

こういう人たちにとっては現在の定額プランも、新しい料金プランも高すぎるわけなのである。大して利用していないユーザーからもふんだくってヘビーユーザーな方々や、MNPのキャッシュバックのために使われているように感じる。大して使わんユーザーのために、1GB以下の格安プランや、いっその事データ通信が無いプランを選べるようにしてもいいのではないでしょうか?

SoftBankも巨大になってしまったからかもしれないが、チャレンジャーな事をやらなくなってきたのが残念である。

関連エントリー


MVNO SIMカードを使って通話とデータ通信とはわけて使うのも良いかもね。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す