風邪を早く治すには医者も薬も要らない?

風邪を早く治すには医者も薬も要らない?

昨年末から年明けにかけ、十数年ぶりくらいに風邪らしい風邪をひいた。結論から言うと、風邪をひいたら医者にも行くし薬も飲むのだが、疑問に感じたことについて書いてみる。

年末休暇に入った12月27日の夕方から体調がおかしくなりはじめ、翌日から微熱・咳・喉の痛みと典型的な風邪の症状になった。そして12月29日の月曜日、38℃以上の発熱をしている次男君と一緒に病院に行った。

まず最初に診察してもらったのは私。熱は37℃代、咳と喉の痛みという典型的な風邪の症状。「子供は38℃以上の熱があるのでインフルエンザかもしれない。」と伝えたが、「症状が軽いのでただの風邪だろう。」と、インフルエンザの検査は見送った。

次に次男君の診察。インフルエンザの検査をしたらA型陽性との結果。診察の際、私も一緒に呼ばれ、「子供さんはインフルエンザです。今は一度吸引したら良い薬があるので、それを吸引してから帰りましょう。お父さんの方は、インフルエンザの可能性が無いとは言えないが、症状が軽いのでただの風邪だと思います。」ということで、私はインフルエンザの検査はせずに帰ってきた。

スポンサーリンク

風邪薬は効果あるのか?

私はただの風邪ということで、咳止め用内服薬やら高熱になったら飲む屯服薬、それからうがい薬などを貰ってきた。この薬は風邪を治すためのものではなく、咳や発熱など、風邪の諸症状を和らげるためのもの。

素人考えながら風邪をひいた時、「発熱したり咳が出たりするのは風邪を治すために身体が頑張っているからじゃないの?この症状を和らげてしまうと却って風邪が治りにくくなってしまうのではないか!」と思ったわけである。そういうわけで少しばかりネットで調べてみた。

引用元: 軽い風邪に、薬は逆効果!?正しい対処法とは | 病気もどき注意報! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

「市販薬にしても、病院で処方された薬にしても、風邪を根本的に治すことはできません。風邪のおよそ8割は、アデノウイルスやライノウイルスなど、ウイルスが体内で増殖することが原因ですが、インフルエンザの治療薬のように、風邪のウイルスを退治する薬はまだないのです。そのため、発熱、咳、鼻水などの症状を和らげる対症療法が、風邪治療の基本となります。特に市販薬は、複数の症状に対応した薬が配合されているため、軽度な症状のときに飲むと、副作用が強く生じ、逆効果につながることがあるのです」

インフルエンザを治す薬はあるが、風邪を治す薬はまだ無いようです。風邪の特効薬を開発したらノーベル賞級の発明らしい。なので、飲んだら風邪が治るという薬は現時点では存在しておりません。それどころか、市販薬は軽度な症状の時に飲むと、副作用が生じる可能性まであるようです。風邪薬を飲むなら医師に処方してもらった薬を飲むべきですね。

風邪を治すには薬は要らない?

またまたググってみた。参考になりそうなページにリンクを貼っておきます。

参考リンク

こちらは最初にリンクを貼った記事を書かれている室井一辰さんの著書です。

ネット上の情報なので全てが正しいとは限りませんが、イロイロなサイトを見てみた結果、風邪の症状が軽ければ薬を飲まずに身体の治癒力を信じて安静にしているのが一番なようですね。但し、症状が重くなってきた場合は病院に行くべきです。

私の風邪の症状

今回私が風邪の症状になりはじめたのは12月27日の夕方から。そしてほぼ治ったのが1月11日でした。治るまで2週間ちょっとかかった事になります。

最初に病院に行ったのが12月29日。それから2日ほど経ったら熱は下がったが、喉の痛みと咳は全く良くならず。おかげさまでお酒抜きな大晦日と元旦を過ごしました。これは成人して以来初めてと思われることです。ちなみに発熱は38℃以上になることは無かったので、やはりただの風邪だったと思われます。

薬が無くなっても症状が改善されず一旦市販の風邪薬を購入。それでも治らないので1月10日に再び病院に行って診察してもらう。やはり普通の風邪のようで今回も風邪薬を処方してもらった。

薬を飲んだおかげというより、もうそろそろ治る時期に来ていたのだろう。翌日の1月11日にようやく症状が治まってきた。

まとめ

今回風邪が長引いたのは、薬を飲んだから?しかも途中で市販薬も飲んだからかもしれない。いや、それとも単純に快復力が弱まっていただけかも??年齢も高くなってきたからねw

風邪を治すには薬を飲まずに安静にするということは理解出来るが、他の病気ではないか(特にインフルエンザ)を診察してもらうため、病院に行くことは必要だと思います。

そして普通の風邪という診察結果であれば、薬を飲まずに安静にするのが良さそうである。ただ、風邪の症状が軽ければいつまでも会社を休むわけにいかない。そうすると他の方に迷惑をかけてしまうこともあるので、薬を飲んで症状を和らげるということも必要かと思います。

今回の私がそうでした。症状を和らげるために市販薬を購入してしまいましたが、本来ならそのタイミングでもう一度病院に行って処方して貰った薬を飲むべきだったと思います。しかしそうなると市販の風邪薬の存在意義って一体なんなの?と疑問に感じたりして。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す