第22回京都木津川マラソン完走記 -篠山への序章-

第22回京都木津川マラソン完走記 -篠山への序章-

アイキャッチ画像は2005年6月26日にBikeで木津川自転車道を走った時に撮影した流れ橋。この数年間で何度も流出しているので、今は違った趣かもしれません。

過去に書いた完走記を再掲載していっているのですが、今回は10年前の木津川マラソンです。この大会は2005年の2月でしたが、その前に走った2004年12月の加古川マラソンで自己ベストを更新し、気分良く過ごしていたシーズンです。

この大会は練習レースとして位置づけ、3時間ペースランナーに付いて走り、サブスリーでゴールすることを目的として参加しました。

スポンサーリンク

木津川マラソン関連リンク

京都木津川マラソンは木津川沿いの自転車道を折り返して走るコースになっております。川沿いを走るコースなので高低差は殆ど無く、公認コースではありませんが距離表示も比較的正確な大会です。難点はコースが少し狭い事と、河川敷特有の強風に吹かれる可能性があることです。

では、ここから下が10年前に書いた完走記です。


大会結果

  • 日付: 2005年2月6日(日)
  • 種目: フルマラソン男子一般
  • 記録: 2時間58分31秒(Average-4:14/km)
  • 順位: 31位
距離区間SplitLapPace所感
5521:1521:154:153km地点あたりでペースランナーさんに追いつく。
10541:59:0020:444:09追い風ながらも少し苦しさを感じる。
1551:03:1721:184:161回目の折り返し後、向かい風にもかかわらず集団で楽に走れる。
2051:25:0821:514:22集団先頭3列目あたりで順調に走る。
2661:50:4825:40:004:17ペースランナーさんの真後ろに付く。
3042:07:3816:504:1330kmまで楽に走れました。
3552:28:4121:034:13追い風になるはずが、変な横風・・・
4052:49:3420:534:1136kmからペースアップ、集団が大きく崩れる。
42.1952.1952:58:318:574:0541km地点手前からラストスパート!気持ちよいゴールでした♪

※25kmの距離表示は見落としたので、26kmでのタイムとなっています。

今回は練習として位置付けたレースなので、簡単にまとめておきます。

レースの目的

3月6日に行われる第25回篠山ABCマラソン大会のちょうど1ヶ月前となるこの大会、篠山マラソンへ向けて1ヶ月前のペース走という位置付けとしました。

設定ペースは4分15秒/km

この木津川マラソンでは3時間ペースランナーが走るので、このペースランナーさんに付き、最後まで走りきり、尚且つサブスリーでゴールする事を目的としてレースに挑みました。

レース

スタート前に長い列の出来たトイレに並んでいた為、スタート地点に向かったのはスタート10分前を切っていた。既に多くのランナーさんが並んでいる中、前の方へと向かっていくと「なっかんさーん!」とyo-jiさんから声をかけられ、その位置へ入らせてもらう事にする。スタート地点からは10m弱後方ってところです。

「コースも狭そうやし、もうちょっと前の方が良かったかなぁ~?」などと話をしながらスタート時間を待つ。でも今回は練習レースやし、そんな事はあまり気にしない。

そしていよいよスタート!今回もスタートと同時に時計を押して走り出す。やはりコースも狭く、なかなかスピードも上がってこない、「3時間ペースランナーさんからかなり離されたかな?」などと考え、1km地点で時計を見ると4分35秒。

思っていたよりペースも速く、3時間ペースランナーさんからもそれ程離されていないようだ。3km地点の距離表示が見えた頃、ペースランナーさんに追いつく。いよいよここからペース走の開始である。まずは追い風やし楽に行けるはず。

5km地点:21分15秒

「おぉ~!ピッタリやぁ~!!」しかし、スタートで若干遅れていた分を取り返している為、実際はサブスリーペースよりやや速いはずである。この後、10kmまでは追い風の影響もあったのか?やや速めのペース展開となりました。

1回目の折り返し後すぐに10km地点通過、そしてここからは向かい風である。しかし、この風にも関わらずなぜか急に走りが楽になった。ペースも若干落として、ほぼサブスリーペースで安定してきたからかな?

3時間ペースランナーさんから2~3列後方に位置取り、ピッタリと付いて行く事にする。途中ふっと後ろを振り返ると凄い集団になっている!30人くらいだろうか?「やっぱ集団走は楽やなぁ~♪」と思っていたらあっという間にスタート地点に帰ってきた。「さぁ~まだまだ先はこれからやで!」

木津川マラソン折り返し地点

25kmで時計を押そうと思っていたら見逃した、次の26km地点で時計を押す。しかし中途半端な距離なので、サブスリーペースより速いのか遅いのかよくわからん。この時僕の前を走っているランナーさんとその前のランナーさんとの間隔が広がってきた。 すかさず前に出て、今度は3時間ペースランナーさんの真後ろにピッタリとへばりつく。

30km地点:2時間7分38秒

4分15秒/kmペースに対して8秒の遅れや。「果たして大丈夫だろうか?」と一抹の不安もよぎるが、2回目の折り返しからは追い風になり楽になるはずや!そして折り返した。けどなんか変な横風のような・・・向かい風よりマシやけど、楽な追い風でもないやん?ま、世の中こんなもんですわ。(笑)

実は30kmまでかなり楽に走れていたので、2回目の折り返しからはペースアップしようかなぁ~、なんて企んでいたのだが、この変な風の為止めておく事にする。脚にも若干疲れを感じ始めたようやし・・・

35km地点を通過した時、ペースランナーさんの一人が「貯金があるから少しペースを落とそう。」と言い出した。しかし30km地点で8秒の遅れ、この5kmもそれ程ペースアップしていないはずやし「いや、貯金無いと思いますよ~。」と声をかける。そのペースランナーさん、どうやら距離を勘違いしていたようや。 そして36kmから4分15秒よりも若干速いペースに少しペースアップする事になる。

ここからのペースアップ、なんとかサブスリーをしたいというランナーさんにはそうとうキツイものがあるだろう。と思いながら僕の呼吸も少し荒くなってきた。40km地点が近づいた頃には集団も大きく崩れてしまっていた。

40km地点:2時間49分34秒

よっしゃ、もう確実にゴールまで行けるで。一人のランナーさんがラストスパートをはじめる。僕も41km地点手前からラストスパート! ゴール前で多くの声援を貰い、ゴール手前の下り坂でさらにスピードアップして気持ちよくゴールイン!

ちょっと押すのが遅れたけど、自分の時計で2時間58分34秒!狙い通りの走りが出来てとっても満足でした。

ちょびっと感想

イーブンペースでのサブスリーペース。ペースが落ち始めたらもう後がないという状況、少しばかりスリルも味わえました。サブスリー目標で走るなら、少なくとも前半で1~2分の貯金を作らなければ30km以降が非常にキツくなると思います。

今回の僕の目的は、42.195kmの3時間ペース走だったので、この目的は充分に果たせました。篠山へ向けてのいい練習になったぞ!しかし、参加できるだろうか?(謎)

2005年2月10日 なっかん

追記

サブタイトルを -篠山への序章- などとしてしまいましたが、結局第25回篠山ABCマラソン大会は出張のため棄権となりました。ま、今シーズンは加古川マラソンで大満足な結果を残せたし、この木津川マラソンでも自分の走りが出来た事やし、今期のフルマラソンはこれで気持ちよく終了です♪

2005年3月13日 なっかん

関連エントリー


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す