厦門(アモイ)を歩いた – 嘉庚公園

厦門(アモイ)を歩いた – 嘉庚公園

厦門出張に行った際、中国人にとって尊敬すべき華僑実業家、陳嘉庚の公園に行ってきた。

スポンサーリンク

嘉庚公園の場所

厦門本島の北側、大陸に渡ってすぐの場所にあります。近くには陳嘉庚が最初に設立した集美学校があります。現在は小学校から大学まであるようです。

陳嘉庚とは?

この嘉庚公園には中国人観光者が多く訪れるそうです。集美学校や厦門大学をはじめとした多くの学校を創設し、華僑の中でもリーダー的存在であったとのこと。又、排日活動家でもあります。韓国や中国に行くと、こういった反日的な場面を見ることも度々ある。

引用元: 陳嘉庚 – Wikipedia

福建省同安県廈門出身。 マレー半島における華僑ゴム業の最盛期であった1909年から1926年頃迄は、陳が最大の栽培業者であるとともに最大のゴム製造業者であった。湖文虎と並び称される華僑成功者の巨頭。

陳嘉庚が創設した厦門大学は国内外からも観光客がやってくる観光地にもなっており、中国東南地域ではもっとも学術レベルの高い大学です。

引用元: 厦門大学 – Wikipedia

中国の経済特区地域において唯一の211工程、985工程に選ばれた国家重点大学である。台湾を眺める「海上の花園」と呼ばれる厦門島の一番景色の良い場所に校舎があり、中国一閑静で美しいキャンパス環境を誇っている。厦門大学は、中国東南地域において、学術レベルが一番高く、一番優れている総合大学として、よくその名が知られている。

嘉庚公園

園内に入るとこのような雰囲気、広い公園です。

園内に入ったところ
園内に入ったところ

こちらがこの公園で最も行くべき場所でしょう。陳嘉庚の墓がある場所です。

陳嘉庚の墓がある場所
陳嘉庚の墓がある場所

上の写真、入口に近づいたところ。

陳嘉庚の墓がある場所の入口
陳嘉庚の墓がある場所の入口

入口を入ると、なぜか三国志のレリーフがあります。

なぜか三国志のレリーフ
なぜか三国志のレリーフ

後ろからですが、ここが墓の場所。

後ろからですが、これが陳嘉庚の墓になるのかな?
後ろからですが、これが陳嘉庚の墓になるのかな?

獅子や像など、こういった感じでよく飾られています。

こういう感じで存在する獅子とかよく見かけます
こういう感じで存在する獅子とかよく見かけます

塔の正面側、「陳嘉庚墓」と書かれています。

塔の正面側、陳嘉庚の墓
塔の正面側、陳嘉庚の墓

園内に入った場所にある建物です。

園内の建物
園内の建物

多くの学校を創設した陳嘉庚をたたえるように作ったのでしょうね。

学校をイメージしているのだろう
学校をイメージしているのだろう

こちらは陳嘉庚記念館です。大きな建物ですよ。

陳嘉庚記念館
陳嘉庚記念館

館内は撮影禁止ではなかったので、陳嘉庚の若き日から老いるまでを撮ってみた。

陳嘉庚の若き日から老いるまで
陳嘉庚の若き日から老いるまで

陳嘉庚故居

嘉庚公園から少し離れますが、陳嘉庚故居にも行ってきた。実際にここで生活していたそうですが、会議室とかあって生活感を感じにくかったです。まあ、随分と時間が経っているからかもしれませんが。

陳嘉庚故居入口
陳嘉庚故居入口
陳嘉庚故居
陳嘉庚故居
陳嘉庚故居の1階
陳嘉庚故居の1階
陳嘉庚故居の会議室かな?
陳嘉庚故居の会議室かな?
陳嘉庚故居を外から
陳嘉庚故居を外から

故居の入口付近です。この辺りではこのようなタクシーが多かったです。

陳嘉庚故居入口付近
陳嘉庚故居入口付近

参考リンク

陳嘉庚についてググってみたが多くを見つけられなかった。少ないが陳嘉庚について書かれたページにリンクしておきます。

厦門料理

おまけでこの日の夕食でいただいた厦門料理の写真。他でいただいた料理との違いがよくわからなかったが、これが厦門料理だそうです。厦門は海に囲まれているだけあり、海鮮料理が多かった印象です。

厦門料理 その1
厦門料理 その1
厦門料理 その2
厦門料理 その2
厦門料理 その3
厦門料理 その3
厦門料理 その4
厦門料理 その4
厦門料理 その5
厦門料理 その5


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

Related Posts

Facebookページを作りました

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す