旅行に持って行けるセカンドギターを探す

旅行に持って行けるセカンドギターを探す

新年からギター教室に通っていいるが、平日は思うように練習時間が取れない。それと、私は比較的出張が多いので、出張先でもギターの練習が出来るよう、旅先にも持って行きやすいギターが無いものかと思っている。で、お気軽に弾けてコンパクトなギターを探してみた。

目的と条件は以下の通り。

  • 寝る前に10分だけでも気軽に手にとって弾ける。
  • 演奏性は妥協したくない。(いわゆるミニギターは却下。)
  • 旅行先にも持って行きやすいよう、出来るだけコンパクト。
  • ヘッドホンや普通のスピーカーに繋いで使える。
  • メインギターとしても使える。

どうだ、この矛盾した条件。要するに普通にエレキギターとして使えて出来るだけコンパクト。尚且つヘッドフォン出力付きといったところです。こんなエレキギターを探してみました。

スポンサーリンク

エレキギターのスケール(弦長)

ギターを探す前に、演奏性に関わるエレキギターのスケール(弦長)について書いておく。エレキギターの代表的な弦長はこの3つです。

ロングスケール

  • 弦長: 25.5インチ(647.7mm)

私の愛器、フェンダー・ストラトキャスターがこの弦長です。ちなみにですがクラシックギターの弦長は650mmが一般的なので、これとほぼ同じですね。ネックの幅は段違いですが。

ミディアムスケール

  • 弦長: 24.75インチ(628.65mm)

ギブソンのレスポールがこの弦長です。私は昔レスポールタイプのギターを持っていたので、この弦長に慣れており、最も弾きやすいと感じる弦長です。ストラトを手にしてからまだ2ヶ月も経ってないので、ロングスケールにはまだ慣れていません。そして、私が今回探しているのが、このミディアムスケールのコンパクトギターになります。

ショートスケール

  • 弦長: 24インチ(609.6mm)

フェンダー・ムスタングや、この後紹介するZO-3などのコンパクトギターによく採用されています。このショートスケールになると、ロングスケールやミディアムスケールと比較して、演奏感覚や弦のテンションも変わって来るので、選択肢から外そうと思っている。


ZO-3 – FERNANDES

コンパクトなエレキギターとして、まず最初に頭に浮かぶのがFERNANDESの”ZO-3″です。ZO-3は1990年に発売されて以来、現在も販売されており、この手のギターとしては最も人気があり売れているだろうと思われる。

上記リンク先からスペックを引用させていただく。(なぜ英語なんだ!)

NECK : 609mm Short Scale, 22F.
CONTROL : 1 Volume,2Way Mini-SW. (Power-SW.)
OUTPUT : for Amplifier Jack×1,for Headphone Mini Jack×1

リビングに置いたり、外に持ち出して気軽に弾くのに適したギターですが、ショートスケールであることと、メインギターとしても使ってみたいという気持ちにならないので、今回は見送り。ただ、その内に買ってしまっている可能性は十分あり得るギターです。

楽器屋に行くと、ZO-3と一緒に置いてある”ピグノーズ”。これもZO-3とコンセプトは同じなので以下省略。

SGT-3DPEG – SG Technologies

国産ポータブルギターですよ!

上記リンク先から引用させていただく。

日本のベテランギター職人が1台1台丹精こめて作り上げました。従来のいわゆるトラベルギターにはなかった高級感溢れるギターです。旅行や出張には勿論、普段のスタジオ練習にも最適。従来のいわゆるトラベルギターではちゃちなものが多く敬遠されていた方もSGT-3DPEGを手にとって頂ければ、そのクオリティの高さにきっと驚かれることでしょう。SGT-3DPEGはFENDERムスタングやサイクロンと同じネックサイズ(24インチ)ですからレギュラーサイズのエレキギターと同じように違和感なく弾くことが出来ます。
SGT-3DPEGはあなたのギターライフを充実させる1台となる事でしょう。

こういうギターがあるとは知らなかったです。ミディアムスケールだし品質も良さそう。3分割して専用ケース(別売り)に入れればどこへでも安心して持って行ける。ギターを持って飛行機に乗る場合、手荷物として機内に持ち込めない場合もあるのですが、これだと機内持ち込みも全く問題なさそうです。

価格は10万円ほどと、ちょっと高いが宇崎竜童さんをはじめとして著名人の方も愛用されてます。ただ、ボディーが小さいのが普通のギターとして使うのにどうかな?と感じる。又、ロングスケールバージョンも新登場しています。こちらは20万円弱と倍近い価格になります。すいませんが、そこまで予算があれば違うギターを買います、、、。

それともう一つ。私がズボラだとうこともありますが、ギターを分割して組み立てるということに少々抵抗があったりして。なのでちょっとアレかな?ってところ。(アレって何やねん?)

完全受注生産折りたたみギター

これは凄え!折りたたむとめっちゃコンパクトになるギターです。これも専用ケースに入れればどこへでも安心して持ち運べます。

ググってみたところ、価格は30万円とかするようですね。完全に手作りっぽいので妥当な価格かと思われるが、手が出ません。興味のある方は下記へお問い合わせください。

Ultra-Light Electric – Traveler Guitar

私にとって本命は、その名も”Traveler Guitar”です。名前からもわかりますが、旅行へ持っていくためのギターです。

上記リンク先から仕様を引用させていただく。

Scale Length: 24 3/4 in.
Pickup(s): Dual-Rail Humbucker
Body: Eastern American Hard Maple
Neck: Eastern American Hard Maple
Construction: Neck-through-body
Finish: Natural Satin Finish
Fingerboard: Ebonized Rosewood
Fingerboard Inlays: Vintage Clay Style
Frets: 22 medium
Hardware: Chrome 14:1 Gear ratio (Closed gear)
Neck Width at Nut: 1 3/4 in.
Strings: D’Addario EXL110
Overall Length: 28 in.
Overall Depth: 2 in.
Body Thickness: 1 1/2 in.
Body Width: 5 1/4 in. (Lap Rest Detached)
Gig Bag LxWxH: 30 x 6 1/2 x 3 (in.)
Weight: 3 lbs. 2 oz.
Weight in Gig Bag: 3 lbs. 15 oz.
Audio Output: Standard 1/4 in. jack
Model #: ULEL NAT

ミディアムスケールながら、とてもコンパクトでボディーの下には、太ももに乗せて演奏できるバーも付いている。これはかなり目的のギターに近い。だがしかし!大本命のギターを見つけた。

LTD EC-1 – Traveler Guitar

同じくTraveler Guitarから”LTD EC-1″というモデル。これが私の大本命!

これまた仕様を引用させていただく。

Scale Length: 24 3/4 in.
Electronics: Custom Headphone Amp, Tone control, Clean/Boost/Overdrive/Distortion settings, 1/8″ Aux-in
Pickup(s): Full Size ESP Designed ALH-200B Active Humbucker
Body: Carved Top Mahogany
Neck: Mahogany
Construction: Bolt-on
Finish: White Gloss
Binding: 6 Ply Cream/Black
Fingerboard: Ebonized Rosewood
Fingerboard Inlays: LTD Style Pearloid
Frets: 22 Jumbo
Hardware: Locking Black Anodized 14:1 Gear Ratio (Closed gear)
Neck Width at Nut: 1 5/8 in.
Strings: D’Addario EXL110
Overall Length: 30 in.
Overall Depth: 2 3/4 in.
Body Thickness: 1 5/8 in.
Body Width: 10 1/2 in.
Gig Bag LxWxH: 31 1/2 x 13 x 4 1/2 (in.)
Weight: 5 lbs. 4 oz.
Weight in Gig Bag: 7 lbs. 4 oz.
Audio Output: Standard 1/4 in. jack, 1/8 in. Headphone out
Instrument Input: 1/8 in. aux-in
Batteries: 2 x AAA for Headphone Amp, 1 x 9V for Active Humbucker
Model #: LTD EC-1

ESPと組んでデザインされたギターです。下の画像のモデルあたりがコンセプトになっていると思われます。

さて”LTD EC-1″ですが、私の目的と条件をほぼ満たしています。

  • 寝る前に10分だけでも気軽に手にとって弾ける。→セカンドギターとして寝室に置く。
  • 演奏性は妥協したくない。(いわゆるミニギターは却下。)→ミディアムスケールと小ぶりながらボディサイズもそれなりにあるので問題無い。
  • 旅行先にも持って行きやすいよう、出来るだけコンパクト。→上で紹介したギターほどコンパクトではないが、ここは妥協する。
  • ヘッドホンや普通のスピーカーに繋いで使える。→ヘッドフォン出力有り。
  • メインギターとしても使える。→ヘッドレスでボディーが小ぶりなだけで、普通のギターとして使える。

コンパクトながら普通に使えるギターを探し、たどり着いたのが”LTD EC-1″です。すでにお気づきかもしれませんが、この記事1番上のアイキャッチ画像左側に写っているのがこのギターです。既に入手しちゃっているわけですね。

ギターって楽器店で試奏してから購入するのが普通でしょうけど、見たことも触ったこともないこのギターをTraveler Guitarでポチッとして個人輸入するという暴挙に出ました。こんな暴挙は3つめだ!(笑)

個人輸入の備忘録と、このギターの使い心地について別記事に書く予定です。


コンパクトさにこだわるならこんなギターもあります。

上のリンク先には日本語のページも用意されており、それによると。

『飛行機のエコノミークラスで練習ができるくらいのサイズのギター』

だそうです。スケール長: 55.5cm(22inch)、全長: 61cm(24inch) とめっちゃコンパクトですよ!いやしかし、エコノミークラスでギターを弾いたら怒られるんちゃう?


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す