再生と編集可能な音源付き電子楽譜は商売にならないのだろうか?

再生と編集可能な音源付き電子楽譜は商売にならないのだろうか?

私、書籍を購入する際は数年前から電子書籍がメインになっています。小説など、テキスト主体の書籍を読むならちょっと高いけどKindle Voyageが楽ちんでホンマに最高です。別に専用端末を持っていなくてもスマホやタブレットでも読むことが出来るので、いつでも何処でも気軽に本を読めるようになり、Voyageで読んでいた小説の続きを出先ではiPhoneで読むなんてことも出来ます。

先日、Guitar Pro 6 が演奏するジェフ・ベック「哀しみの恋人達」というエントリーを書きましたが、これは私が自分でGuitar Pro 6という楽譜作成ソフトに入力した音源を紹介したものです。で、これを入力しつつ感じていた事について書きます。

スポンサーリンク

エレキギター向け楽譜の電子書籍

一生使えるギター基礎トレ本 ギタリストのためのハノン (ギター・マガジン)Amazonでエレキギター用の電子書籍を探してみたところ、曲集のような楽譜は無いが、練習用の書籍はいくつかあるようだ。例えば左のような書籍。これは私も紙の書籍を最近購入しました。一般の書籍を読む場合は電子書籍に移行しましたが、楽譜はまだまだ紙の方が見やすいと思っているからです。

紙の書籍にはCDが付属しているが、この電子版には無い。でもダウンロード出来るようなのでiPadなど、大きめのタブレットでこれを見ながら練習するのも良いかもしれないなどと、この記事を書きながら思っていたりもします。紙の楽譜の良いところは、メモなどを気軽に書き込めるところだが、電子版になるとこれが面倒になりそうではある。そんなこんなで、電子書籍として販売している楽譜はまだ少なそうだということはわかりました。

Jake Shimabukuro - Peace Love Ukulele Songbookギター用ではないけど、Jake Shimabukuroさんのウクレレ楽譜なら見つけた。これからは紙の楽譜を電子書籍化したものの販売も増えてはいくのだろう。

プリント楽譜

ヤマハミュージックメディアの楽譜ダウンロード販売サイトであるぷりんと楽譜というサイトがあります。これはヤマハミュージックメディアが紙の楽譜として販売しているものを1曲単位で購入出来るサービスです。購入する楽譜データはPDFファイルなので、紙を電子化してPCやタブレットなどで閲覧出来るようにしただけのものである。

なので電子化のメリットというのは少ない。どちらかと言えば、ユーザーのためというより販売側の都合が良いような気がする。

一般的な楽譜

Guitar☆Man×Fabtracks/Jeff Beck Vol.1楽器店などで販売している楽譜は紙の書籍に模範演奏とかカラオケ音源のCDが付属した楽譜です。左の楽譜はその両方共が付属していて、至れり尽くせりな楽譜です。現時点では、こういった楽譜が一般的なのだが、もう一歩進んだ楽譜を販売しないのだろうか?と思っている次第です。

再生と編集が可能な電子楽譜

Guitar Pro 6 ギタープロ6 Arobas Music社【並行輸入】私がGuitar Pro 6に入力したジェフ・ベックの「哀しみの恋人達」。これを入力している時に「はあ~、めんどくせぇ!こいうの売ってないんか?売っていたら買うのになあ。」と、何度思ったことか、、、。

実は、お金を出さなくても無料でダウンロード出来るサイトもあるのだが、それはそれで良しとして楽譜出版社が販売してくれたら買うのにな。

私が入力したGuitar Pro 6の「哀しみの恋人達」を300円くらいで販売したら買う人いるんじゃね?しかし著作権上問題があるだろうから個人で楽しむだけに留めておくしかないのだけど。もし、著作権上問題が無いのであれば無料で公開しますぜ。知らんけど。(関西人らしくこの一言を付け加えてみた。なんのこっちゃわからなければ「知らんけど」でググってみてくだされ。)

私が入力した「哀しみの恋人達」の一部。

これが究極と言えば言い過ぎかもしれないが、最高の電子楽譜に近いものではないでしょうか?伴奏も含めた音源付き、再生速度やピッチも調整出来るし編集も可能だ。紙の楽譜が良ければ印刷も出来る。

まとめ

別にGuitar Proでなくても良いので、楽譜作成ソフトのようなアプリケーションに伴奏も含め、入力された電子楽譜が販売されることはないのだろうか?電子ピアノなどでは、最初から音源がいくつか入力されており、それに合わせて練習出来るようになっているのではないでしょうか。

それと同じような機能を持たせたものを電子楽譜として販売すれば売れるのではないかと思う。というか、私なら買いたい。問題は著作権とかの大人の事情と違法にコピーされ、それが出回ってしまうことをどう防ぐかってところなのでしょう。

エレキギターはデジタル機器との相性も良いわけだし、もう一歩進んだ電子楽譜を登場させても良いのではないかと思う。電子データだけで販売出来ちゃうから、楽譜を楽器店や書店に並べる必要もなくなります。これはこれで楽器店や書店は困るのかもしれないけど。私に資金があればやるのにな。知らんけど(笑)


このアンプをAmazonのほしいものリストに入れた。1Wのチューブアンプです。評価も高いので興味津々。その内に楽器店で試させてもらおう♫


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

Related Posts

Facebookページを作りました

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す