指サポーターを試してみる

指サポーターを試してみる

右手中指から小指までが、パソコンのキーボードをタイプする際、内側へ巻き込んでしまい、スムーズにタッチタイプ出来なくなってしまった。

スポンサーリンク

右手フォームについて

タイピングをする際の右手フォームもギターを弾くときの右手フォームが影響してか、手首の角度が以前よりも変わってしまったように感じる。私の右手はいわゆるセゴビアフォームというやつに近いと思うので、タイピングするときも、手首が右側に少し曲がったようになってしまう。

今にして思うのだが、もっと自然なフォームでギターを弾くようにした方が良かったのではないかと思う。右手首の角度しかり、アポヤンドの使い方も注意しなければ変な癖や、障害が起きたりすると感じます。

最近、ギターの練習はあまりしていないが、右手角度は自然な状態に戻し、アルアイレ中心でゆっくりと基礎からやりなおすような練習をしていきたいと思っています。もう一度、一から右手の動きをおぼえ直すように。

指サポーター試す

さて、タイピングについてですが、右薬指にサポーターをすることにより、勝手に巻き込むことは防げるようになりました。タイピングもサポーターをはめた方がスムーズに出来るようにはなりましたが、変な手の動きは残ります。サポーターにより、少し矯正できているようだが、これが本当の意味での矯正に繋がっていくかどうかは、これからです。

このサポーターをはめてギターを弾くのは少し無理があるかもしれないが、一度試してみるかな?


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ


なっかん

ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す