ついにデジタル一眼レフを手にしてその操作性に感動

ついにデジタル一眼レフを手にしてその操作性に感動

もう2ヶ月以上前なのですが、念願のデジタル一眼レフD7100を入手した。購入直後に近くの公園で試し撮りした程度でその後は仕事が忙しくなり、あまり使用せずに2ヶ月ほど経過してしまった。

価格.comで値段をチェックしたら、本体価格がこの間に1万円ほど下がってしまったから、もうしばらく待っても良かったのかもしれない。しかし、こういう買い物は買えるタイミングに買う物だろうからヨシとしましょう。仮に2ヶ月ほど待っていたら、他の機種に目移りしていたかもしれないしね。

そんなわけで、2ヶ月ほど宝の持ち腐れ状態だったが、11月16日と先週の日曜に京都の紅葉を観に行ってきた。一番の見頃は勤労感謝の日前後だったと思いますが、この日は中国出張で万里の長城を観ていました。

スポンサーリンク

南禅寺水路閣の紅葉

南禅寺水路閣の紅葉

清水寺の紅葉

清水寺の紅葉

清水寺の三重塔

清水寺の三重塔

今まで使ってきたデジカメは、コンパクトデジカメばかりだが、どちらかというと高級コンデジに入る部類のものを中心に使ってきた。D7100を購入した時にコンデジはSIGMA DP2以外は前部下取りに出した。DP2はズームも無ければ手振れ補正も無く、扱いにくいカメラだが、はまれば美しい写真が撮れて気に入っているカメラだ。

しかし、D7100を使ってみてその扱いやすさに感動した。

  • 起動が早い。
  • 高感度でも綺麗。
  • レンズは手ぶれ補正付き。

これって別に一眼レフで無くとも、今時のコンデジでも何も考えずにシャッターを押せば、それなりの写真はとれるかもしれない。でもD7100は軽くそれを凌駕していると思われる。レンズの手振れ補正と感度自動制御のおかげで少々暗い場所でも気軽にシャッターを押せます。

私の普段の設定。

  • 撮影モード: P又はAで撮影することが多い。
  • 画質モード: RAW+FINE
  • AFモード: AF-A
  • AFエリアモード: シングルポイントAF+フォーカスポイント手動で撮影する事が殆ど。
  • ISO感度自動制御: オート
  • 測光モード: 現在いろいろと試し中。撮影した写真を確認して、違うモードでもう一度撮影したりしています。

まだまだ使いこなせていないので、しばらくは勉強ですな。ちなみに、購入したのは画質重視で”D7100 16-85 VR レンズキット”です。デジタル一眼がこんなに良いのなら、将来はフルサイズ機を入手してしまいそうだな(^_^;)


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ


なっかん

ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す