今年も大阪マラソンに申し込んだ

今年も大阪マラソンに申し込んだ

4月3日、エントリー開始日に大阪マラソン2014に申し込んだ。2011年の第1回大会から3年連続落選中なので今年こそは当選したい。で、大阪マラソンの抽選倍率を調べてみた。

スポンサーリンク

第1回(2011年)

  • エントリー総数 171,744名
    • マラソン 154,822名(定員 28,000名)倍率5.53
      • 個人エントリー 135,736名
      • グループエントリー 3,006組(19,086名)
    • チャレンジラン 16,922名(定員 2,000名)倍率8.46

第2回(2012年)

  • エントリー総数 155,482名
    • マラソン 145,254名(定員 28,000名)倍率5.19
      • 個人エントリー 106,799名
      • ペアエントリー 8,281組(16,562名)
      • グループエントリー 3,280組(21,893名)
    • チャレンジラン 10,228名(定員 2,000名)倍率5.11

第3回(2013年)

  • エントリー総数 151,410名
    • マラソン 143,351名(定員 28,000名)倍率5.12
      • 個人エントリー 105,277名
      • ペアエントリー 8,212組(16,424名)
      • グループエントリー 3,281組(21,650名)
    • チャレンジラン 8,059名(定員 2,000名)倍率4.03

エントリー人数は第1回大会こそ少し多めだったが、2回大会と3回大会はほぼ横ばい。マラソンの抽選倍率は5倍強といったところ。これだと、ほぼ5年に一回当選するペースになりますね。従って4回目になる今年はそろそろ当選してもいいのかもしれないし、そうでないかもしれない。神のみぞ知る!ってなところでしょうか?

10年前は月間400km以上とか普通に走っていたが、今は月間100-200km程度。大会エントリーもほぼ大阪マラソンだけ。従って大阪マラソンに落選したら大会に参加することも殆ど無い。こんな状況ではあるが当選したあかつきには、あの疲労感と充実感を味わってみようかと思う。

参考までに東京マラソンの抽選倍率は下表の通りです。東京マラソン – Wikipediaから。

回数 一般 プレミアム 10km
第1回 3.1倍 3.5倍
第2回 5.2倍 5.2倍
第3回 7.5倍 7.1倍
第4回 8.5倍 13.1倍
第5回 9.2倍 13.6倍
第6回 9.6倍 1人 – 5.4倍
ペア – 1.9倍
2.9倍
第7回 10.3倍 8.2倍 2.6倍
第8回 10.3倍 9.1倍 2.4倍

サスガに日本一の大会だけあって、大阪マラソンのほぼ2倍ですね。私は今までのところ、東京マラソンは申し込んだことありません。


関係ないけど、またもやKindle Fire HDXが値下がりしていますね。物欲をそそられるが我慢のしどころである。

kindle fire HDX 値下がり


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ


なっかん

ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す