BlackBerry PassportでIIJmioのSIMカードを使う

BlackBerry PassportでIIJmioのSIMカードを使う

BlackBerry Passport Silver Edition 中々面白い端末です。キーボードがあるので、ショートカットキーがあったり、キーボード部分を撫でるとスクロールも出来、初BlackBerryを体験している私には、新鮮な味わいです。

SONYのSIMフリー版Z3 Tablet Compact用に使っているIIJmioのデータ通信用SIMカードをBlackBerry Passport Silver Editionに挿してみました。

スポンサーリンク

設定方法

下記の通り「設定」画面を開き、順に選択してAPNを設定します。

「設定」画面を開く
「設定」画面を開く

「ネットワーク及び接続」を選択
「ネットワーク及び接続」を選択

「モバイルネットワーク」を選択
「モバイルネットワーク」を選択

「設定のマーク(歯車)」を選択
「設定のマーク(歯車)」を選択

この画面でAPNを設定する。

  • APN: iijmio.jp
  • ユーザ名: mio@iij
  • パスワード: iij
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

参照元: IIJmio:高速モバイル/D

APNを設定する
APNを設定する

以上の設定で終了です。一応書いておきますが、全ては自己責任でお願いします。

IIJmioとは

私が契約しているのは、データ専用SIMで月額900円(税抜)、3GB/月のミニマムスタートプランです。MVNO各社の中で価格面、品質面のトータルで判断すると最も評判の良いMVNO事業者です。

私は現在、SoftBankのSIMカードをメインで使っていますが、近いうちにIIJmioに乗り換え、「音声通話機能付きSIM」を利用する予定です。一人でファミリーシェアプランを契約し、スマホとタブレットに挿して使おうと目論んでいます。月間10GB使え、通話SIM 1枚 + データSIM 2枚なら月額3260円(税抜き)です。もちろん家族で契約すればかなりの節約になります。

但し、通話を使いすぎないように工夫しなければ、MVNOを利用してもお得になりません。我が家の場合、妻は通話も結構使うので、そのままSoftBankのスマ放題を継続しておきます。

下のバナーからIIJmioの内容を確認できます。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ


なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す