メインで使うスマホを iPhone 6 Plus から BlackBerry KEYone に替えた

メインで使うスマホを iPhone 6 Plus から BlackBerry KEYone に替えた

iPhone 3G にはじまり、 6 Plus まで長らくiPhone をメインのスマホとして使ってきた。しかし、この9月から BlackBerry KEYone をメイン端末として使い始めた。

iPhone は 6 Plus までは2年毎に買い替えてきたが、それ以後はスマートフォンとしての革新性を感じなくなってきたので見送ってきた。それでも今後 iPhone を使わないってわけでもないのですがね。

スポンサーリンク

BlackBerry KEYone を選んだ理由

実は、ってわけでもないが BlackBerry のスマホを使うのは2台めだ。1台目は BlackBerry 独自 OS 最後の端末となった Passport Silver Edition でした。これはこれで良い端末だとは思うが、いかんせんメイン端末として使うにはアプリが充実していない。しかも日本からは撤退したような状況なので尚更だ。で、この端末は主に海外出張の際、現地でメインに使う端末としてきた。

この秋に新しい iPhone が発表されたが、上記関連エントリーでも書いているようにイマイチ購入意欲がわかない。 Android を搭載した BlackBerry にも興味があったので、今回 KEYone を選んだ次第である。

なんで KEYone かというと、変わり者だからですw いやいや、今だからこそのキーボード搭載端末に興味があったからです。 Passport を購入して後悔したわけではないということですな。

購入したのは Black Edition

たしか今年の9月25日発売だったと思うが、性能アップしたこちらを私は選んだ。 caseplay から日本向けモデルを購入しました。なので日本の技適マークも付いていて安心して使えます。

使ってみての雑感

iPhone に慣れていたって部分もあるが、使い勝手はやはり iPhone に分があるのではないかと感じる。OS やアプリの安定性もやっぱり iPhone の方が上かな?まあ、これは BlackBerry だからというよりも Android だからなんだろうけどね。

それでもこの端末を購入して後悔しているわけではない。何故なら iPhone では感じられない新鮮味があるからです。

購入して最初に必要なアプリをインストールするわけだが、最初にとまっどたのは「あれ?記号ってどやって入力するん?」てなことでした。キーを適当に押してみて “sym” キーを押せば良いのだとわかった。

キーボードをスワイプすることにより、画面をスクロール出来たり、アプリによってはスペースキーで1ページ分弱を一気にスクロールすることも可能だ。但し、キーボードスワイプによるスクロールは動きがぎこちなく感じますがね。それからキーにショートカットを割り当てることも出来、一般的なスマホにはない使い方が出来る。

それとなんたって、見た目ですね。「何、このスマホ?」とか「おおお! BlackBerry ですか!」なんて反応が楽しかったりします。

見た目も特徴的であり、背面は触り心地が良いのでこのスマホはケースにも入れず、液晶保護フィルムも貼らずに裸で使っています。 iPhone にも液晶保護フィルムは貼っていないです。それでも今まで画面が割れたことはありません。これからも割れないとは限らないが、そうならないように注意したい。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ

関連記事

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す