IIJmio から楽天モバイルにMNPした

数年前まで長らくソフトバンクを利用していましたが、料金が高いばかりで何のメリットもないのでMVNO(仮想移動体通信事業者)であるIIJmioにMNP転出して利用していた。

IIJmioでは1ヶ月当たりデータ量3GB、通話付きSIMカードを契約していた。通話は殆どしないので、月額1700円ほどを支払ってきた。これに不満があったわけではないが、昨年末に楽天モバイルへと乗り換えました。

スポンサーリンク

楽天モバイルに乗り換えた理由

上に書いたように、IIJmioに不満があったわけではない。格安SIMから格安SIMにMNPしても転出手数料や転出先での初期費用が必要だったりするので、金銭的に有利な面は無い。それどころか一時的な費用負担が増えてします。手続きもしなけれでばならないので、不満が無ければ同じ事業者に留まった方が良いに決まっている。それでも楽天モバイルに乗り換えた理由とは?

楽天スーパーポイントでの支払いが可能

一番の理由は月々の料金を楽天スーパーポイントで支払う事が出来るから。

私、個人用(家族のメインカードは別ね。)に楽天カードを所有しております。これで決済をしていると必然的に楽天スーパーポイントが貯まっていきます。なので楽天市場で買い物をしてポイントを消費していけばよいのでしょうが「あら、送料要るんか!」となり、ついついAmazonで買い物をしてしまいます。(送料無料の場合はなるべく楽天市場で買うようにしていますがね。)

楽天スーパーポイントを持ちながらもAmazonを利用してしまうことが多いので、ポイントが中々減らないという状況に陥ってしまい、最大で11万ポイントほどに達してしまいました。今はダイソンの掃除機とかを買って半分ほどに減らしましたけど、、。

携帯料金を当面は楽天スーパーポイントで支払うことが出来、実質無料(と言っていいのか?)で利用出来るのが、私にとって最大のメリットです。

MNO事業者としての楽天に期待

現在、国内ではドコモ、au、ソフトバンクの3社が寡占的に携帯事業を行なっていますが、長きに渡って契約していても何のメリットも無い。私の場合、自分で端末の設定も出来、携帯端末も別途用意してしまう始末なので尚更だ。てか、損をしていたくらいだ。

下記に参考となりそうな記事二つにリンクしておきます。

現在の三大キャリアがギャフンと言うようなプランを提案してもらいたい。実際のところ、事業開始からしばらくの間は不安定なサービスになるかもしれませんが、それでも頑張って欲しいものですな。


ちなみに、私が契約したのは楽天モバイルおすすめのスーパーホーダイではなく、3.1GBの組み合わせプランです。データ通信3.1GB/月と通話料金は利用した分だけ支払うプランです。通話は殆ど使わないので、これで充分です。月額1730円くらいになりますが、私は楽天スーパーポイントを使うので当分は実質無料っぽく利用出来ます。

スーパーホーダイは、国内10分以内の通話使い放題も付いたプランになります。こっちは楽天会員だと割引もあるようですよ!


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ

関連記事

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す