上海の浦東新区でジョギングするなら世紀公園外周路がおすすめ!

上海の浦東新区でジョギングするなら世紀公園外周路がおすすめ!

アイキャッチ画像が外灘から撮影した上海浦東新区の有名な場所です。東方明珠電視塔をはじめとした高層ビル群が乱立している地区ですね。この写真を撮ったのは2015年3月1日ですが、PM2.5の影響か空気が汚れていて見通しが悪い日でした。ですから写真はちょっくら加工しています。

スポンサーリンク

参考リンク

上記”浦東新区 – Wikipedia”から引用させて頂く。

浦東新区(ホウトウシンく、簡体字: 浦东新区、拼音: Pŭdōngxīn Qū、英語: Pudong New Area)は、中華人民共和国上海市に位置する市轄区。1992年の区設置以降大規模開発が行われ、現在では上海新都心としての地位を確立している。区東部には上海浦東国際空港が立地し、2010年の上海万博の開催地でもあった。

というわけで、比較的新しく開発された地区であり、浦西地区のように古い街並みはありません。

上海でジョギングする

私、上海へは数十回ほど出張で行っており、トータルでの滞在日数は恐らく1年くらいになっているかと思います。で、長期出張に行くとなればジョギング出来る体制を整えておき、早朝からジョギングをします。10年ほど前のバリバリ走っていた頃は出張先でも月間300km走れるくらい頑張って走っていましたが、その頃から上海出張に行けばマイコースになっているのが世紀公園です。但し、浦東新区に宿泊した場合ですけどね!

世紀公園の場所

地下鉄2号線の世紀公園站又は上海科技館站近くの大きな公園です。朝ランする場合はホテルから走ってく行くので、地下鉄の駅はあまり関係ないですけど。

世紀公園とは?

私、もっぱら外周路を走るばかりで、園内には入った事がありません。世紀公園[シージーゴンユエン] | 観光-上海ナビから引用させていただくと、下記のような公園です。

地下鉄の駅一区間分にまたがる大型自然公園。オープンは1997年。スポーツ施設、鳥類保護区、湖、川、梅林、芝生広場などがあり、都会にいながらにして自然を満喫することができる。花火大会、ジャズフェスティバル、梅の花フェスティバルなどのイベントが毎年開催されていることでも有名。園内を自由に走れる変わり種レンタサイクルも人気がある。凧揚げやバドミントンなどで思い切り体を動かしたいときにもオススメの場所。入場料は10元〜(イベント開催時は値段が上がります)。

ただの大きな公園なので、観光向けではないという情報もあるようですが、一度ゆっくりと園内を散策してみるのも良さそうな公園です。公園の範囲内を着色されているので、下記リンク先の地図を見ると場所がわかりやすいです。

世紀公園外周路

世紀公園外側に接している锦绣路、芳甸路、花木路が外周路になります。この外周路が何故ジョギングにおすすめかというと、横断歩道を渡る必要がないからです。中国に行ったことがある方なら、青信号でも油断して横断歩道を歩いていたら車にはねられそうになった経験があるかと思います。

世紀公園外周路を走ると横断歩道を渡る必要も無いし、信号で立ち止まることもありません。1周の距離は、5km丁度くらいなので本格派ランナーならペース走をするにも良さそうなコースです。どういうわけか、日中や夜にランニングをしている人をあまり見かけないのが上海です。走るなら早朝がお勧めですかね?昼や夜に比べると車の通行量もかなり少ないので、その分空気も幾分綺麗かもしれません。

欠点をあげるなら給水ポイントが無い事です。長距離を走るなら自分でボトルを持って走りましょう。ま、いずれにしても海外で水を飲む場合は要注意なので自分で準備すべきと思います。


早朝の世紀公園外周路です。このように早朝でも街灯が点いており、走るには充分な明るさがあります。

早朝の世紀公園外周路 その1

早朝の世紀公園外周路 その2

早朝の世紀公園外周路 その3

早朝の世紀公園外周路 その4


こちらは2005年6月8日に撮影した世紀公園外周路です。明るい時間ならこのような雰囲気です。前方の方に上海ジョガーが2名見えますね。冬場よりも夏場の方がランナーさんを多く見かけます。欧米人ランナーさんを見かけることもありますし、日本人と思われるランナーさんを見かけた事もあります。それから欧米人女性ランナーさんを見かけたこともあります。

2005年6月8日の世紀公園外周路

外国で初めて外を走る時、少々ドキドキするかもしれませんがここで危険な目に遭う可能性は低いと思います。ですが、走りに行く場合は自己責任でお願いしますね。外に出ないならホテルのジムでトレッドミル一択でしょう。

世紀公園までの道

宿泊しているホテルがあまりにも世紀公園まで遠かったらジョギングコースにすることは出来ませんが、私は一度安価なパックツアーで上海浦東香格里拉大酒店(浦東シャングリ・ラ ホテル上海)に泊まり、世紀公園外周路を1周して帰ってくる早朝ランをしたことがあります。よく憶えていないですが、このコースで13〜14kmくらいではなかったかと思います。

今回の出張では、世紀大道站付近のホテルに泊まりました。この辺りから世紀公園を1周して帰ってくると10km前後になります。

下の地図は上海浦東香格里拉大酒店の場所です。

世紀大道

この上海浦東香格里拉大酒店とか地下鉄の世紀大道站付近のホテルから走って世紀公園に行くなら世紀大道を走って行くとわかりやすい。浦東新区、地下鉄の陆家嘴站付近から杨高中路のロータリーに突き当たるまでの大きなメインストリートと、ロータリーから上海科技馆站までが世紀大道になります。


早朝の世紀大道です。多分これは朝5時くらい。こんな時間だとサスガの上海も車通りは少ないです。

早朝の世紀大道 その1


こちらは世紀大道の歩道に駐まっていた自転車。向こうに見えるのは側道で昼間なら自転車やオートバイが走っています。

早朝の世紀大道 その2


2005年6月8日に世紀大道と杨高中路が交わるロータリーから世紀大道を撮影した写真。現在はセンターラインの部分に中央分離帯があったと思います。

2005年6月8日にロータリーから世紀大道を見る


世紀大道と杨高中路が交わるロータリーのところにある大きなアンテナのようなものです。科技館(Kejiguan)-上海近郊の小旅行によると、これは世紀鐘という日時計だそうです。

ロータリーにあるアンテナのようなもの


ロータリー付近のサイコロ。

ロータリー付近で見かけたサイコロ


ロータリーから上海科技馆站の間にあるモニュメントです。3枚目は2005年6月8日に撮影。

ロータリーから上海科技馆站の間にあるモニュメント その1

ロータリーから上海科技馆站の間にあるモニュメント その2

ロータリーから上海科技馆站の間にあるモニュメント 2005年6月8日撮影


早朝の上海科技馆站です。ここの地下には色々な物を売っているショッピングセンターがあります。ここには詳しく書きませんが、上海科技館 地下でググっていけば何が売っているかわかるでしょう!

早朝の上海科技馆站


下2枚の写真は2005年6月8日撮影。世紀公園側から上海科技馆站を見た写真。

世紀公園側から上海科技馆站を見る

更に世紀公園側から上海科技馆站を向いて撮影した写真です。

更に世紀公園側から上海科技馆站を向いて

まとめ

今回の出張では冬場だからか走っている人を見かけることは比較的少なかったですが、それでも地元のジョガーや外国人ランナー数人とすれ違うこともありました。時々大きな声で発生しながら歩いているおじさんがいたりして慣れなければ吃驚しそうですが、何でもありません。遠くから「Ahaaa-Ahaaa-!」というような大きな声が聞こえても心配しなくて良いです。

異国で日本と違った景色を眺めながら走るとイロイロな発見がありますね。


海外でジョギングする際、GPSウォッチを持っていれば初めてのコースでも距離がわかって便利です。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。

follow us in feedly

関連コンテンツ


なっかん

ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す