クレジットカードを利用する上でのリスクをユーザーが負うことには承服しかねる

クレジットカードを利用する上でのリスクをユーザーが負うことには承服しかねる

アイキャッチ画像は福建省泉州市の東湖公園です。4月になりすっかり暖かく、、と言うか既に暑くなってきています。夏間近と言っても良いかもね?

生バンドの演奏を楽しめる福建省泉州市の「領SHOW天地」というエントリーでも書いていますが、こちらに出張で来ている間、この場所で食事をしたりバンド演奏を聴いたり等、よく行っています。そこでクレジットカードを使ったわけですが、その明細をWeb上で確認したところ、支払った記憶が無い金額が書かれていた。

スポンサーリンク

三井住友銀聯カードが使えない?

このところ中国出張に行く機会が多いので、昨年三井住友銀聯カードを作った。このページから引用すると、銀聯カードの特徴は下記の通りになっている。

  1. 中国への出張やご旅行で便利に使えるショッピング専用カードです。(クレジット払い)
  2. 中国の大都市から地方都市まで、1,700万店以上にのぼる圧倒的な数を誇る銀聯加盟店でご利用いただけます。
  3. カードご利用時には必ず暗証番号の入力による認証、およびご署名の両方が必要になるため、安全性の高いカードです。

銀聯カードを作った一番の目的はVISAやMastercardよりも利用出来る店舗が多いと期待出来るから。それと三つめの特徴、暗証番号と署名が必要なところです。

ところがですよ!「領SHOW天地」のライブバーでカードを使おうとしたところ、なにやらエラーが発生したようでダメだった。このような店なら銀聯カードが使えるはずなのに、何でだろう?と思っていた。別のライブバーでもやっぱりダメ。

また別の日に鍋料理を食べに行ったのだが、そこでもダメだった。この日は確か、暗証番号を入力したところ、画面に「???失敗」と表示されていたように記憶している。???は中国語の部分ですが、「失敗」という部分は私にもわかる。当然署名はせずに現金で支払った。

鍋料理の支払い分が銀聯カードの明細に

日本国内でならクレジットカード利用に関するトラブルに遭ったことはないが、海外ではトラブルに遭う可能性が高くなる。なので、度々Web上で明細を確認するようにしている。鍋料理を食べてから二週間後くらいに銀聯カードの支払額にカードで支払った記憶の無い金額が書かれていた。

日にちと金額から判断すると、どうやら鍋料理を食べた時の分のようだ。この分以外にも領SHOW天地では、4~5回ほど銀聯カードで支払いをしようとして失敗していた。鍋料理以外の分に関しては明細に書かれていない、どういうわけか鍋料理の分だけが引き落とされる予定になっている。

三井住友カードに問い合わせる

「現金で支払った金額が明細に書かれているが、どういうこと?」と問い合わせをしてみた。

「現金で支払ったレシートなどが有れば返金に応じます。」との回答。

だがしかし、現金で払った場合にレシートを貰うことは少ない。なので「有りません。」と言うしかない。オペレーターの方は、杓子定規な回答しかしない。まあ、そういうものだろうということは理解する。あとはレシートを取り寄せて確認するとのこと。それまでどのくらいかかるか聞いたら1ヶ月ほどだって。

私からすると、暗証番号を入力する端末に「失敗」と表示されていたのだから、手続きが完了するのがおかしいのではないかと思う。私にも店舗にも責任は無く、銀聯カードのシステム上の問題ではないかと思っている。まさか店員さんが悪意をもってやったとは感じられなかった。他の店舗でもことごとく「失敗」の文字を目にしていたから。

取り敢えず、言いたいことを言わして貰うよ。ということで、「明細に書かれているということは、ちゃんと手続きされちゃっているってこと?だとしたら現金で支払ったレシートが無ければどうしようもないじゃないですか。しかもサインしてないですよ。こんな場合のリスクを僕が負うのは納得できないです。何度もこんなことがあれば、信用を無くすけど、そうでなければそちらがリスクを負うべきではないでしょうか。」というような事を伝えておいた。だからと言って何かが改善されるとは思えないが。

無事、返金される

日本へ帰国していたら、どうしようもなかったかもしれないが、まだこちらに滞在しているので通訳の出来る方と一緒に同じ店に食事に行き、ついでに問題の支払いの日のレシートを調べて貰った。

現金で支払った記録になっており、そのレシートも見せて貰った。レシートをもらう事はできないので、写真を撮らせて貰った。また三井住友カードに問い合わせて電話代を使うのもアホらしいので、先方からのメール連絡を待ち「返金できない。」という回答だったら再度交渉するつもりだった。

その後、店側も調べてくれたようで、「現地加盟店契約会社より返金のご連絡がございました。」という内容のメールが三井住友カードから届き、無事返金されました。

まとめ

海外では、どういうわけかクレジットカードの認証に失敗することがある。この場合現金で支払うのだが、認証に失敗したはずの金額がカードで支払うことになっている場合がある。このような場合は、確実に現金で支払った証拠(レシートなど。)を受け取っておきましょう。

それにしても性善説という言葉は、今の世の中ではどこを見回しても無くなってしまったのでしょうか?


これ、読み終わりました。終戦直前の天皇や最高責任者達の苦悩、若き反乱者達の心の動きなど、現代人からすると理解しがたい部分もあるが、当時はそれが正しいと思って行動していたのだろう。


ブログを気に入っていただけましたら、feedlyで購読していただけると嬉しいです。
follow us in feedly

関連記事

Related Posts

なっかん
ダイエットがきっかけで走りはじめた市民ランナーですが、現在はゆっくりのんびりジョガー。ギターやウクレレも楽しんでいます。レベルは中級くらいかな?

コメントを残す